ソリューション Solution

ホーム > 製品情報トップ > フィルム/シート成形ライン

製品情報

フィルム/シート成形ライン

Flat Die Film/Sheet Manufacturing
フィルム/シート成形ライン
特徴

シート・フィルムが多様化するとともに新機能樹脂が次々と開発されつつある昨今、製品開発段階においてさまざまな特性の樹脂に容易に対応しうるスタックプレートダイの長所を本シリーズのラインを用いて生かす事が可能です。
またテスト装置からそのままの形で生産装置へと拡張する事が可能です。

Tダイを使用するフィルム/シート成形装置について、多数の実績を有します。特にTダイについては当社独自の厚み制御方式を開発しています。厚み0.5mm以下のフィルム/シートについては2本ロール方式、それ以上の厚みのものについては3本以上のロールが使用されます。

高精度フィルム成形システム

高精度フイルム・シートの成形を行うための装置です。装置は三つのユニットから構成されています。
1)アクチュエーターを搭載した単層、多層Tダイ
2)成形されたフイルム・シートの厚みを測定する厚み計
3)厚みを一定にするためにアクチュエーターを自動で制御するための制御装置

・厚み精度の高いフイルム・シートの成形が可能となります。±1〜3%
・始動時および品種切り替えによる厚み調整時間が短縮できます。30分以内
・始動時の原料ロスが改善できます。
・厚み精度向上による原料コストの削減につながります。
・厚み調整の人的誤差がなくなり、データのデジタル化が行えます。
・狭い場所、高温、不安定な体勢での作業が改善されます。

システム概要
システムフロー図シート成形装置・厚み制御盤厚み測定装置・熱変位型AT付Tダイ
製品厚み装置名シリーズ名 装置名
> 1.0mm厚物シート成形ラインSP押出機 ダイポリッシング
ロール装置
冷却ローラー
テーブル装置
ピンチロール
装置
切断装置
0.2〜1.0mm薄物シート成形ラインFP タッチロール+冷却ロール/ピンチロール装置巻取装置
< 0.2mmフィルム成形ラインエアナイフ+冷却ロール/ピンチロール装置

SPシリーズシート成形ライン、FPシリーズシート/フィルム成形ラインは、当社が開発した特許商品スタックプレートダイを核とした装置で、特に多層押出成形分野において多くのユーザーの皆様から御好評を得ております。
周辺装置の充実とあいまって装置の対応範囲はPS、ABS、PP、PE、PMMA、PC、PET、PVC、またそれぞれの樹脂の組合せによる多層シート等広範囲に亘っております。

標準仕様

シリーズ 製品幅
(mm)
主押出機 多層用
副押出機
ダイリップ幅
(mm)
ロール面長
(mm)
ロール径
(mm)
ユーティリティ 装置寸法(m)
長さ×幅×高さ
電力
(kW)
水量
(l/min)
エア圧
(kg/cm2)
SP-40300GT-65UT-3240045025010050 4〜810〜15×3×2
SP-1351200GT-115UT-5013501450350400 20017〜22×5×2.5
SP-2202000GT-150UT-6522002300400550 30018〜23×5×2.5
FP-35300GT-40UT-25350400- 502010×3×2
FP-1301200GT-65UT-401300135020080 14×5×2.5
FP-2101200GT-90UT-502100215030010015×5×2.5
共通製品 300mm〜2000mm
厚み20μm〜1.0mm (FP) 1.0mm〜10mm (SP)
材料数/押出機数1〜7
ダイ型式スタックプレートダイ
層数1〜7
ロール温度調節方式熱媒循環式
精度±1.5℃
引取速度10m/min max
SP切断 方式シヤカッタ式又は鋸式
精度±1.0mm
FP引取速度150m/min max
最大巻径1000mm
多層Tダイ
スタックプレートダイ 特許登録済 スタックプレートダイ

層形成のプロセスはマルチマニホールドダイに類似しており、ダイ全般に渡ってマニホールドを内臓したプレートを設けたものです。ダイボディにはプレートを内臓する凹みが設けられており、その中に単位プレートを積層したプレートパックが挿入されています。層数の変更や樹脂の種類の変更に容易に対応可能です。

マルチマニホールドダイ マルチマニホールドダイ

歴史的に最も古くから使用されてきたダイです。樹脂はそれぞれの層毎にマニホールド、チョーカバーを経て合流点に至りリップ部より吐出されます。層数は3層迄のものが多く少品種多量生産に適しています。

フィードブロックダイ フィードブロックダイ

Tダイとしては通常の単層ダイを使用し、その流入部に併合流層を形成する部分(フィードブロック)を設けるものです。層数は変換可能で7層以上の層数とすることも比較的容易です。