ソリューション Solution

ホーム > 製品情報トップ > チューブ/パイプ成形ライン

製品情報

チューブ/パイプ成形ライン

Tube/Pipe Manufacturing
チューブ/パイプ成形ライン
特徴

近年、医療用、工業用(車両用等)、文具類、トイレタリーなどの用途に肉厚の寸法精度が極端に良いチューブや極細チューブを要求されるケースが増えています。また製品の高度化や、さまざまな製品機能の追求とともに多層化技術は不可欠となっています。本ラインを用いることによって、このようなニーズに対応することが可能です。
チューブ・パイプ成形装置は、多数の実績を有します。特に外径、肉厚、真円度などについて精度を要する場合、バキュームサイジング方式を採用しています。なお外径の自動フィードバック制御や肉厚のモニタも可能です。周辺装置として、乾燥機、ホッパーローダー、原料混合設備、各種フィーダー、ベント機器、 印刷機、スタッカー等種々取りそろえています。

システム概要
装置名シリーズ名装置構成
パイプ成形ラインPP押出機ダイ真空サイジング装置 水槽引取装置切断装置
チューブ成形ラインTP巻取装置

PPシリーズパイプ成形ライン・TPシリーズチューブ成形ラインは、当社が開発した多層ダイの流路分岐に関する基本特許を基にしたダイを核とした装置です。
特に多層チューブ成形分野において多くのユーザーの皆様から好評を得ています。

周辺装置の充実とあいまって装置の対応範囲はPP、PE、PU、シリコン、PC、PA、S-PVC等のチューブやまたそれぞれの樹脂の組合せによる多層チューブ、R-PVC、PP、ABS、PMMAなどのパイプ、エンジニアリングプラスチックや新素材を使用したパイプ、チューブというように広範囲に亘っています。

標準仕様

シリーズ製品幅
(mm)
主押出機多層用
副押出機
ダイリップ幅
(mm)
サイジング方式 ユーティリティ装置寸法(m)
長さ×幅×高さ
電力
(kW)
水量
(l/min)
エア圧
(kg/cm2)
PP−7560GT-65UT-5075アウター 80504〜810×3×3.4
PP−150120GT-90UT-65150アウター 15010013×5×3.7
PP−380300GT-115UT-90380アウター 25020015×5×2
TP−1510GT-40UT-2515アウター 30205×2×2.6
TP−7060GT-50UT-32,4070インナー/アウター 50408×3×3
TP−320300GT-65UT-40,50320インナー/アウター 808010×3×3.7
共通製品1mm〜300mm
肉厚50μm〜1.0mm(TP) 1.0mm〜10mm(PP)
材料数/押出機数1〜7
ダイ型式スパイラルダイ
層数1〜7
ヘッド数1or2
水槽冷却方式シャワー式
水没式
PP引取速度10m/min max
TP引取速度150m/min max
最大巻径φ1000mm
切断方式精度
シヤカッタ式±0.5mm
鋸式±1.0mm
多層丸ダイ
固定ダイ 固定ダイ

流路形状は一般にスパイラルマンドレル方式とし、同心環状の流路を持つマンドレルが層数に応じて次々にはめ込まれるようになっています。材料のフィードはサイドフィードを多く用います。注入口(ノズル)から環状流路に至る間に流路を分割してスパイラル溝の入口に達するようにしていますが、当社ではこの分割方法について各種の特許を保有します。したがってダイの寸法、取付方法などに応じて最適の分割流路形状とすることができます。

多層クロスヘッドダイ 多層クロスヘッドダイ

押出ラインに対して直角方向から樹脂を供給するタイプのダイです。この方式のダイでは原料樹脂の種類によって流路形状を変えております。すなわちスパイダータイプ、マニホールドタイプ、ハートタイプなどを用途に応じて使い分けます。ダイに回転機構を設けると各種の模様をもったパイプを造ることができます。また電線、鋼線、銅管等の多重被覆にも同様のダイが使用されます。
ダイ下部には一般にダイ支持部(脚)が設けられます。